18:57 2021年03月08日
日本
短縮 URL
0 11
でフォローする

日本の鉄道事業者「JR東海」は、新型コロナウイルスの影響で鉄道利用客が大幅に減少し、業務量が減っていることなどから、今月25日から1日当たり400人規模の従業員を一時的に休ませる「一時帰休」を実施すると発表した。JR東海が一時帰休を実施するのは初めて。NHKが伝えている。

発表によると、一時帰休の対象となるのは約9500人。新幹線や在来線の駅員に加えて新幹線の乗務員や車両の点検をする従業員など。今月25日から来月28日まで1日当たり400人規模になる。

JR東海は、新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道の利用者が大幅に減少し、業務量が減っていることに加え、従業員の感染を防ぐためとしている。

一時帰休対象の従業員の給料は減額なしで支払われるという。

同社は緊急事態宣言を受けて今月18日から来月末までの間、東海道新幹線の臨時列車を運休し、全体の運行本数を1割程度減らすことを決めている。

関連ニュース

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント