11:40 2021年05月19日
日本
短縮 URL
0 03
でフォローする

天皇皇后両陛下は27日、去年7月に豪雨で甚大な被害を受けた熊本県の被災者をオンラインで見舞われた。両陛下がオンラインで被災地を見舞われたのはこれが初めて。日本の各メディアが報じている。

両陛下は、被災直後から被災地へ直接訪問することを希望されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で訪問が難しくなったため、今回初めてオンラインの活用してのお見舞いとなった。

両陛下は27日午後、熊本県とお住まいの東京・赤坂御所をオンラインで繋ぎ、蒲島郁夫熊本県知事から当時の被災状況について説明を受けられた。その後、被害が大きかった人吉市、八代市、球磨村、芦北町の被災者や消防や警察などの関係者らと画面越しに懇談された。

熊本県では、去年7月に発生した豪雨災害で65人が死亡し2人が行方不明となっているほか、現在も多数の住民が避難生活を送っている。

関連記事

タグ
災害, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント