00:09 2021年03月09日
日本
短縮 URL
0 04
でフォローする

日本の菅義偉首相は2日の参院本会議で、与党議員が緊急事態宣言下の深夜に東京・銀座のクラブを訪れた問題について、「あってはならないことで遺憾だ」と述べて陳謝した。時事通信が伝えた。

菅氏は「「国民に、理解と協力をお願いしている中、政治家は率先して範を示すべきで、こうした行動はあってはならず極めて遺憾だ。私からも国民の皆様に心からおわびを申し上げる」」と述べた。

また、菅氏は同日の閣僚懇談会で各閣僚に「いま一度身を引き締め、新型コロナウイルス対策に全力を尽くすように」と指示した。

1月末、自民党の松本純国対委員長代理、公明党の遠山清彦幹事長代理が新型コロナ緊急事態宣言再発令中に銀座のクラブを訪れていたことが明らかになった。1日、遠山氏が辞職し、松本氏、自民党の衆議院議員3人が離党した。

関連記事

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント