22:46 2021年08月04日
日本
短縮 URL
0 06
でフォローする

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は4日、記者会見を行い、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言したことについて謝罪し、「不適切な発言だった」とし、発言を撤回した。日本のマスコミが報じた。

NHKによると、森会長は3日、JOCの臨時評議員会で、JOCが掲げる女性理事を増やす目標について「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言し、自身がかつて会長を務めた日本ラグビー協会で女性理事が増えていることを例にあげ「今までの倍、時間がかかる。女性というのは競争意識が強い。誰か1人が手をあげて言うと自分も言わなきゃいけないと思うのだろう。それでみんな発言する」などと述べた。

読売新聞によると、森氏は4日の記者会見で、「オリンピック、パラリンピックの精神に反する不適切な表現だと認識しています。そのために、深く反省をしております。そして、発言は撤回したい。不愉快な思いをされた皆様にはお詫びを申し上げたい」と陳謝した。 辞任については否定し、「辞任する考えはありません」と述べた。

関連ニュース

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント