01:40 2021年06月25日
日本
短縮 URL
0 21
でフォローする

2月8日、島津製作所が「新型コロナウイルス拭取り検査試薬キット」の発売を明らかにした。このキットのPCR検査法によって、物質の表面に付着する新型コロナウイルスの簡便、迅速、高感度な検出が可能となり、接触感染の防止に一歩前進と注目されている。島津製作所は、キットを養護老人保健施設や児童福祉施設、食品製造・流通、商業施設、交通機関向けの拭き取り検査サービスを行う受託検査会社および医療機関に提供していく。

新型コロナウイルスは飛沫感染以外にも、物質の表面に付着、長時間残存し、それが接触感染を起こすことが明らかにされている。この理由から特に不特定多数の人が触れるドアノブ、水道の蛇口などは清潔さを保つことが肝心だが、物質表面に付着したウイルスは微量なため、今までは綿棒でふき取っても従来のPCR検査では検出が難しかった。

島津製作所のプレスリリーズによれば、「新型コロナウイルス拭き取り検査試薬キット」は、専用濃縮液およびPCRに必要な試薬で構成されている。採取方法は簡単で市販の綿棒で物質表面を拭うだけ。これを生理食塩水などに浸し、専用濃縮液を添加し、遠心分離を行うことでウイルスを沈殿させて濃縮できる。検出を行うのは同社独自のPCR法。このキットの売りは今まで長くかかっていた検査時間を約100分に大幅に短縮したことと、超微量のウイルスでも検出が可能となったこと。

島津製作所は2016年発売の「ノロウイルス拭取り検査用試薬キット」でウイルス濃縮技術を培っており、キットには2020年4月発売の「新型コロナウイルス検出試薬キット」の技術と合わせてその成果が活かされた。

関連ニュース

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント