13:41 2021年03月05日
日本
短縮 URL
0 01
でフォローする

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は10日、森喜朗会長の女性蔑視発言をめぐり、12日に臨時の会合を開くことを決めた。日本のマスコミが報じた。

森会長は3日、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言した。森氏は4日に記者会見を開き発言を撤回、謝罪したが、国内外で批判が広がっている。

これを受け、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は10日、理事と評議員らによる臨時会合を12日に開くことを決定した。

NHKによると、今回の会合は合同の「懇談会」として開かれ、理事会と評議員会の有識者から森氏の発言と今後の男女共同参画の取り組みについて意見を聞くという。


東京五輪

第32回夏季オリンピックは、2020年夏に東京で開催される予定だったが、国際オリンピック委員会(IOC)は2020年3月24日、新型コロナウイルスの世界的流行により、1年程度の延期とすることを発表した。

なお、「東京2020」の大会名称は維持された。五輪が中止ではなく延期されたのは史上初。

日本の菅首相は1月末、オンライン会合「ダボス・アジェンダ」で演説し、人類がコロナウイルスに勝利した証として、2021年夏に東京オリンピック・パラリンピックを開催する意向を表明した。

タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント