08:31 2021年05月08日
日本
短縮 URL
0 35
でフォローする

菅義偉首相は12日、坂本哲志一億総活躍担当大臣と面会し、新型コロナウイルスの感染拡大で深刻化する孤独・孤立問題を担当するよう指示した。NHKなど日本の各メディアが報じている。

坂本一億総活躍担当大臣は、閣議後の記者会見で、新設する「孤独・孤立対策」担当として総合的に対策を推進するよう菅首相から指示を受けたことを明らかにした。坂本大臣は、新型コロナウイルス禍で増加する自殺や引きこもりといった課題への対策を担うことになる。

菅首相は「コロナ禍の長期化で女性の自殺も増えている。問題を洗い出して総合的な対策を進めてほしい」と坂本大臣に伝えた。

そのうえで、坂本大臣は「社会全体のつながりが希薄化している中、新型コロナウイルスにより人との接触機会が減っており、それが長期化することで、一層問題が顕在化してきている。社会的な孤独や孤立を防ぎ、人と人とのつながりを守る活動を推進していきたい」と述べた。

また、坂本大臣は、2月下旬に支援に取り組む現場の声を聴くため、緊急フォーラムを開催する方針を示した。

日本では2020年に自殺者数が大きく増加した。新型コロナウイルス感染症の第2波の時期(2020年7月から10月にかけて)には、女性の自殺率が37%上昇、20歳未満の子どもの自殺率は49%増加した

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, 自殺, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント