16:31 2021年03月08日
日本
短縮 URL
0 54
でフォローする

日本の内閣府は19日、外交に関する世論調査の結果を発表した。現在の日中関係について「良好だと思わない」「あまり良好だと思わない」の回答が計81.8%に上った。共同通信が伝えている。

© Sputnik / Foreign Ministry of the Russian Federation
調査は18歳以上の男女3千人を対象に実施された。日中関係を「良好だと思わない」「あまり良好だと思わない」は計81.8%で、2019年1月の前回調査から6.3ポイント増加した。

日韓関係については同様の回答は前回より5.5ポイント減少したものの、計82.4%の高い水準にとどまった。日露関係は7.1ポイント増の計73.9%だった。

対中国関係が悪化したと思われる背景には、尖閣諸島周辺で中国船のよる領海侵入などがあるとみられている。対韓国は元徴用工訴訟、対ロシアは領土交渉の停滞などが反映されたと分析されている。

関連ニュース

タグ
露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント