22:36 2021年04月23日
日本
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (266)
0 01
でフォローする

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子会長は25日、大会における観客の上限について、聖火リレーが始まる3月25日をめどに方向性を示すと明言した。読売新聞が報じた。

橋本会長は25日、スポーツ庁(文部科学省)での室伏広治長官との会談後、記者団からの質問に答えた。

これまで観客の上限については今春までに決定するとしていたが、24日のIOC(国際オリンピック委員会)理事会後の記者会見で、トーマス・バッハ会長が海外からの観客について「4月下旬から5月上旬には判断しなければならない」との見解を示していた。

橋本会長は記者団の取材に対し、観客の全体像を打ち出すのは早いほうがいいとしたうえで「聖火ランナーが走るということは開催に向かって走っていくということ。そのタイミングは大事だと思っている」と具体的な日程に触れた。

関連記事

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (266)
タグ
五輪, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント