08:26 2021年04月21日
日本
短縮 URL
0 17
でフォローする

日本の奈良県奈良市にある奈良公園で、天然記念物に指定されている「奈良のシカ」を刃物で傷つけ死なせたとして、奈良県警は2日、三重県在住の23歳の男を文化財保護法違反の疑いで逮捕した。日本のメディアが報じた。

文化財保護法違反の疑いで逮捕されたのは、三重県松阪市在住の吉井勇人容疑者。逮捕容疑は日本時間2月7日未明、奈良公園内で推定11歳のシカ1頭を鋭利な刃物で切りつけ、死なせた疑い。

奈良県警によると同日午前2時半ごろ、通行人の男性から「負傷して動けないシカがいる」との通報があり、駆け付けた警察官が負傷したシカを発見。防犯カメラなどの映像から吉井容疑者の犯行が発覚した。

吉井容疑者は犯行動機として、奈良公園でシカと遊んでいた際、突然別のシカが所有する車に体当たりしてきため「腹が立ち、殺してやろうと思って斧で頭を力いっぱい切りつけた」と供述しているという。

関連記事

タグ
事件, 動物, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント