15:42 2021年04月20日
日本
短縮 URL
0 13
でフォローする

販売店に過剰なノルマを設定し、達成できない場合には車を購入させていたなどとして日本の公正取引委員会の調査を受けていたドイツの自動車メーカー「BMW」の日本法人は、再発防止策を盛り込んだ計画を公取委に提出した。NHKなどの日本のマスコミが報じた。

NHKによると、公取委は2019年、独占禁止法違反の疑いでBMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」を立ち入り検査した。公取委は、同社が遅くとも2015年ごろから優位な立場を利用して販売店に不利益を強いたなどとして調査を進めていた。これを受け、「ビー・エム・ダブリュー」は、今後は販売店と協議して合理的な目標を定めるなどの再発防止策を盛り込んだ計画を公取委に提出した。

報道によると、公取委が実効性を認めれば違反は認定されず、行政処分は免れるという。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント