19:47 2021年04月11日
日本

東京大空襲から76年 規模縮小で大法要開かれる

日本
短縮 URL
0 03
でフォローする

約10万人が犠牲になったとされる東京大空襲から76年目を迎えた10日、東京都墨田区にある慰霊堂で犠牲者を追悼する大法要が開かれた。日本のメディアが報じた。

昨年に引き続き、今年も新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参列者の人数を制限して執り行われた。

日本時間午前10時過ぎから始まった大法要には遺族の代表や東京都の小池百合子都知事、墨田区の山本亨区長らが参列し、犠牲者を追悼した。また、慰霊堂のある都立横網町公園にも手を合わせようと多くの一般の参列者が訪れた。

参列した小池都知事は挨拶で「私たちにはこうした戦争や災害の記憶を決して風化させることなく、次の世代へ語り継いでいく責任がある」と述べた。

1945年3月10日、東京都内の下町などの住宅密集地に米軍の爆撃機B29が飛来し、大量の焼夷弾を投下した。この空襲で約10万人が犠牲となり、被災家屋は約27万戸にのぼった。

関連記事

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント