02:41 2021年07月29日
日本
短縮 URL
0 11
でフォローする

14日午前10時頃、日本の長野県松本市の乗鞍岳で雪崩が発生した。現地警察によると、救助された人のうち男性1人が意識不明になっているほか、数人が負傷しているという。NHKが報じた。

長野県警や松本広域消防局などによると、雪崩が起きたのは標高約2400メートル地点。幅200メートル、長さ300メートルにわたり発生したとみられている。

長野地上気象台は14日、乗鞍岳高地地域に雪崩注意報を発令していた。乗鞍岳付近は13日に30センチ以上のまとまった雪が降り積もったため、雪崩の危険性があったという。

乗鞍岳は、岐阜県の飛騨乗鞍観光協会のHPによると、長野県と岐阜県の県境に位置し、北アルプスの南端に位置し、標高3000メートル余りの剣ヶ峰など23の峰が連なり、登山の初心者から上級者まで楽しめる山として人気がある。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント