04:11 2021年07月28日
日本
短縮 URL
0 18
でフォローする

東京電力福島第一原子力発電所の敷地内で、放射線量の高いゲル状の塊が見つかった。放射性廃棄物が流出した可能性もあるという。NHKなどの日本のマスコミが報じた。

NHKが東電を引用して報じたところによると、福島第一原発の放射性廃棄物を保管していたエリアの地面で24日、毎時13ミリシーベルトのゲル状の塊が見つかった。この場所には放射性廃棄物を保管するコンテナが複数あり、このうち1つのコンテナで腐食が見つかったという。

NHKによると、東電は、見つかったゲル状の塊は腐食したコンテナから流出した放射性廃棄物の可能性もあるとみて詳しく調べる予定。

東電は25日、原子力規制委員会などに報告したという。

関連ニュース

タグ
福島
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント