14:48 2021年07月26日
日本
短縮 URL
0 01
でフォローする

日本の丸川珠代五輪担当相は30日、栃木県で行われた五輪聖火リレーで多くの人が集まり「密集」状態が発生したことを受け、聖火リレーのルートを変更する可能性を指摘した。NHK等日本の各メディアが伝えている。

東京五輪・パラリンピック組織委員会は、28日に栃木県足利市内で行われた五輪の聖火リレーで、タレントの走者を見ようと多くの観客が詰め掛け、「密集」状態が発生したと明らかにした。

これに関して、丸川五輪担当相は「恐らく都市部が大きな課題になってくる」とし、「地域の医療にいかに負担をかけないかということと、聖火リレーの実施(方法)を都道府県でよくご検討いただきたい」と述べた。

また、場合によっては「(沿道の観覧者を)管理できるルートだけ走っていただくことにもなるかと思う」と語った。

東京五輪の聖火リレーは25日、福島県でスタートした。聖火リレーにはおよそ1万人のラ​ンナーが参加し、121日間かけて47都道府県を巡る。

6日目となる30日、聖火は栃木県から群馬県に引き継がれ、リレーがスタートした。

関連ニュース

タグ
五輪, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント