21:14 2021年08月03日
日本
短縮 URL
0 14
でフォローする

同性婚が認められないのは憲法に違反するとして、北海道の同性カップル3組が国に損害賠償を求めた訴訟で、原告側が、請求を棄却した札幌地裁判決を不服として札幌高等裁判所に控訴した。日本のメディアが報じた。

札幌地方裁判所は3月17日、同性婚が認められず法的効果を受けられないのは差別的な取り扱いであるとし、「法の下の平等」を定めた憲法14条に違反するとの判断を示した。一方、国が立法を怠ったとは認めず、賠償請求は棄却した。

原告の弁護団は控訴理由について、「裁判所により踏み込んだ判断を示してもらうことで、同性婚を早く実現してほしいという意味合いを込めて控訴した」としている。

日本国内では同様の訴訟が東京、大阪、名古屋、福岡でも起こされており、札幌地方裁判所が初めて判決を言い渡した。

関連記事

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント