20:16 2021年08月03日
日本
短縮 URL
0 11
でフォローする

京都では今年、3月26日に桜が満開となり、記録の残っている過去1200年で最も早く満開を迎えた。BBCが大阪府立大学・生態気象学研究グループの調査を引用して報じた。

生態気象学研究グループによると、京都では日記や年代記に花見や桜の満開の状態を示す記述などがあり、それらを集積してデータを作成した。

最も古い記録は801年。これまでに京都で桜が最も早く満開を迎えたのは、1236年、1409年、1612年のそれぞれ3月27日だった。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント