22:54 2021年05月12日
日本
短縮 URL
0 38
でフォローする

日本の杉本達治・福井県知事は28日、運転開始から40年を超えた関西電力の美浜原発3号機と高浜原発1、2号機の再稼働に同意すると表明した。共同通信など日本のメディアが伝えている。

杉本知事は、記者会見で「地元の町、県議会の意見などを総合的に勘案し、再稼働に同意することにした」と述べた

2011年の東京電力福島第一原発事故後に出来た「原発の運転期間は原則40年、最長20年まで延長可能」のルール下で、初めて再稼働が許可された。

美浜原発3号機に関しては2020年12月、美浜町議会が賛成多数で再稼働について決定した

高浜原子力発電所の1号機と2号機に関しても今年2月、高浜町町長が再稼働への同意を表明しており、再稼働を巡っては関西電力の対応と福井県知事の判断が焦点となっていた。


福島第一原子力発電所の事故以前、原子力発電は日本の電力需要の最大30%を供給していた。2011年、マグニチュード9.0の地震の後に発生した大津波は福島第一原子力発電所を襲い、チェルノブイリ原発事故以来最大の原子力事故を引き起こした。

事故の際、放射性物質が大気中などに放出され、原発周辺の地域では生活が困難となった。廃炉作業など事故の清算には少なくとも40年かかる見込み。

関連ニュース

タグ
原発, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント