12:10 2021年06月13日
日本
短縮 URL
0 112
でフォローする

日本の田村憲久厚生労働大臣は、米製薬大手ファイザーから9月までに新型コロナウイルスワクチン5000回分(2500万人分)の追加供給を受ける契約を結んだと発表した。NHKが報じている。

日本政府はすでに、ファイザーから1億4400万回分(7200万人分)の供給を受ける契約を結んでいる。これを合わせると2021年中に約1億人分のファイザー製ワクチンを確保したことになる。

田村大臣は、かなり多くの国民の分を確保できたと述べ、高齢者については7月末で打ち終えるように早急に接種態勢を整備していきたいと強調した。

時事通信によると、日本の武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長は11日、米モデルナの新型コロナウイルスワクチン5000万回分の追加供給を日本政府と協議していることを明らかにした。モデルナのワクチンについては、日本政府はすでに5000万回分の供給を受ける契約を結んでいる。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
Pfizer, 新型コロナウイルス, ワクチン, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント