09:41 2021年09月28日
日本
短縮 URL
筆者 :
0 10
でフォローする

日本では梅雨前線の活動が活発になっている影響で、17日は西日本から北日本にかけて激しい雨が降るおそれがある。NHKによると、土砂災害の発生や川が氾濫する危険があるため、熊本県と秋田県の各地で避難勧告が出されている。

日本の九州から東北地方にかけて発達した雨雲がかかっており、17日は局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあると予想されている

特に熊本県で雨が強まっている。午前6時50分現在、御船川・千滝川・潤川で氾濫危険水位を超えたため、厳重な警戒を呼びかけている。

また、熊本県の上天草市・美里町南阿蘇村甲佐町では午前7時前後の時点で、大雨により土砂災害が発生するおそれがあるとして、避難勧告が発令された。警戒レベル4にあたる情報で、危険な場所から速やかに避難するよう呼びかけている。

秋田県では午前6時、秋田市を流れる新城川が非常に高い「氾濫危険水位」に達したため、厳重に警戒するよう呼びかけている。これにより、上新城と下新城の一部の地域に避難準備の情報が出された。警戒レベル3にあたる情報で、高齢者や体の不自由な人などに避難を始めるよう呼びかけている。

16日、近畿地方と東海地方では、例年より3週間も早く梅雨入りが発表された

関連ニュース

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント