11:17 2021年06月13日
日本
短縮 URL
0 30
でフォローする

日本の神奈川県横須賀市で17日、市役所に匿名の男性から現金6000万円の寄付があった。男性が渡したリュックサックの中には手紙が入っており、そこには小学1年生の頃から貯金してきたお金であることが明かされており、「何かの役に立てて下さい」と書かれていたという。日本のメディアが報じた。

横須賀市によると、同日午後2時15分ごろ、70代から80代と思われる高齢の男性が同市小川町の市役所を訪れた

応対した職員に男性は名前を名乗らず「リュックサックに入った手紙を市長に渡してほしい」と言い残し、リュックサックを手渡すとそのまま立ち去ったという。

職員がリュックサックの中身を確認すると、銀行の帯封が巻かれた1万円札6000枚と手紙が入っていた。手紙には、お金は小学1年生から貯めてきたもので、匿名で寄付を希望すると書かれていた。

これについて上地克明市長は同日、ツイッターでコメントを投稿。「この暗い世相の中で、情けの有難さを深く感じ入りました。この浄財をこのような社会情勢の中でどのように使わせていただくべきか、じっくりと考えたいと思う。本当にありがとうございました」と述べた。

​市は寄付金として扱うという。

関連記事

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント