14:53 2021年09月25日
日本
短縮 URL
0 22
でフォローする

日本政府は18日、インド型の変異ウイルスに対する新たな水際対策として、すでに対策を強化しているインドなど3ヶ国に加え、新たに10ヶ国を対象に加えた。すでにインド、パキスタン、ネパールの水際対策が強化されているが、新たな水際対策強化措置の指定国として、10ヶ国を追加し、あわせて13カ国が対象となった。

新たに加わったバングラデシュ、モルディブ、スリランカは、日本人の帰国者などに、入国後6日間、国が指定する施設での待機と、3日目と6日目の検査が求められる。同3ヶ国に関しては20日から順次、在留資格を持つ外国人の再入国が拒否される。また、ギリシャ、ヨルダンなど残る7ヶ国も、入国後3日間、国が指定する施設での待機や検査が求められる。

また、19日、政府は新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、カンボジア、スリランカ、セーシェル、セントルシア、タイ、東ティモール、モンゴルの7ヶ国に14日以内滞在した経歴のある外国人の入国を拒否することを決めた。この場合、特別永住者は対象外となる。

関連ニュース

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント