07:38 2021年09月27日
日本
短縮 URL
0 51
でフォローする

日本の自民党は20日、LGBTなど性的少数マイノリティーに関する法案を審査する会合を開いたものの、出席者から慎重な意見が相次ぎ、了承を見送った。NHKが報じている。

この法案には、LGBTなど性的少数マイノリティーへの理解を促進し、差別は許されないという内容が盛り込まれている。自民党は、多様性を重視する東京五輪の開催を控えるなか、この法案をまとめている。

会合の出席者からは、「差別は許されないと明記すれば、自分は女性だと主張する男性がスポーツ大会に女性として参加するようなケースが生じ、社会の混乱につながりかねない」との指摘がなされ、慎重に審査するべきとの意見が出された。

この法案は来週、あらためて審査される予定。

関連ニュース

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント