10:47 2021年06月13日
日本
短縮 URL
0 30
でフォローする

事件を起こした18歳と19歳への措置を厳罰化する「少年法改正案」が21日、日本の参議院本会議で可決、成立した。これにより、起訴後の実名報道が解禁される。日本のメディアが報じた。

法務委員会の審議では、野党から「少年の『保護』という考え方が後退している」などと改正反対の声が上がったが、与党の賛成多数で可決され、成立した。

本案は、民法の成人年齢が20歳から18歳に引き下げられる来年4月に施行される。

民法上成人となる一方、18歳と19歳を引き続き少年法の適用対象とする。その上で両年齢を「特定少年」と位置づけ17歳以下と区別し、成人と同じ刑事手続きを取る事件を拡大する。

事件を起こした場合、刑事責任を問う「逆送」をする事件の対象には、現行の殺人罪などに加え、強盗罪や強制性交罪なども追加。また、これまで「更生を妨げる」として禁止してきた実名や顔写真などの報道も、起訴された場合は解禁される

関連記事

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント