22:45 2021年06月14日
日本
短縮 URL
0 08
でフォローする

21日夜、日本政府は新型コロナウイルス対策本部を開催し、緊急事態宣言の対象地域に沖縄県を追加することを決定した。NHKが報じた。

沖縄県が追加されたことにより、緊急事態宣言の対象地域は10都道府県となった。沖縄県は4月12日から重点措置が適用されていたが、若い世代を中心に感染が急増していることから、県をはじめ各自治体から対策の徹底が求められていた。

緊急事態宣言の対象地域は北海道、東京、愛知、大阪、兵庫、京都、岡山、広島、福岡、沖縄の10都道府県、また、重点措置の適用地域は、群馬、埼玉、千葉、神奈川、石川、岐阜、三重、熊本の8県となる。

対策会議は総理大臣官邸で開催され、菅総理大臣をはじめ、西村経済再生担当大臣や田村厚生労働大臣らが出席した。菅総理大臣は、引き続き、高い緊張感を持って対策を進める必要があるとコメントした。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント