20:45 2021年06月13日
日本
短縮 URL
0 06
でフォローする

日本政府は28日、新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を開き、9都道府県(北海道、東京、愛知、京都、兵庫、岡山、広島、福岡)に出されている緊急事態宣言を6月20日まで延長することを決定した。NHKが報じている。

また、埼玉、千葉、神奈川、岐阜、三重で発出されているまん延防止等重点措置も来月20日まで延長される

小池百合子東京都知事
© REUTERS / Eugene Hoshiko/Pool
対策本部に出席した菅義偉首相は、国内の新規感染数は減少に転じているものの「依然として予断を許さない状況にある」と指摘。東京や大阪での新規感染者数は高い水準で推移しており、病床の逼迫も解消されておらず、北海道や沖縄では感染者数の増加が続いていることから宣言の延長を決定したと述べた。

管首相はその後の記者会見で、国内で英国株がまん延し、インド株の検出例が出ている中で変異株への監視を強化し、水際対策を徹底すると発表。また新型コロナウイルスワクチンについては、1日100万回のワクチン接種を目指し、6月中には65歳未満の人々への接種を開始すると明らかにした


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント