10:47 2021年09月22日
日本
短縮 URL
0 42
でフォローする

ロシアの国境警備隊に拘束された日本の漁船は、ロシアの排他的経済水域で操業を行っていない。この漁船が所属する稚内機船漁協の職員が明らかにした。

同漁協の広報担当者は、漁船の(サハリン州のコルサコフ港への)輸送は不当であり、漁船の乗組員は無実で、何も違反しておらず、我々には証拠があると語っている。

担当者は、この事件の状況をすべて明らかにしていないが、GPSのデータがその証拠の1つだと認めた。同担当者は、現時点では乗組員と連絡がとれず、我々は迅速な解放を求めていると述べている。

北海道稚内市の沖合で28日、日本の底引き網漁船「第172栄宝丸」がロシアの警備当局の臨検を受けていることが分かった。

ロシア連邦保安庁サハリン州国境警備局のプレスリリースによると、漁船の乗組員は国境警備隊の停止要請に従わず、逃亡しようとしたという。警備当局によると、追跡中に漁船が危険な操縦をしており、国境警備隊の船に衝突する恐れがあったという。当局は、違法行為を阻止するために漁船に警告射撃を行った。

関連ニュース

タグ
ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント