12:10 2021年09月22日
日本
短縮 URL
0 03
でフォローする

15日、日本の衆議院で立憲民主党など野党4党が菅内閣に対する不信任決議案を提出、本会議で採択が行われ、自民・公明・日本維新の会などの反対多数で否決された。NHKが報じた。

立憲民主党の枝野代表が趣旨弁明を行い、戦後最大の危機の下で国会を閉じるなどは許されず、菅首相は有事の指導者として失格と強調した。自民党の柴山幹事長代理は、コロナ禍での内閣不信任案の提出は政治に対する国民の信頼を損なわせるものと理解すべきと反論した。

その後、内閣不信任案決議案の採決が行われ、自民・公明・日本維新の会などの反対多数で否決された。

記者団に対し、立憲民主党の枝野代表は、否決は残念だが、新しい政権の所信について、しっかりまとめて表明することができたとコメントした。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント