12:38 2021年07月25日
日本
短縮 URL
0 14
でフォローする

日本の東京電力は、福島第一原子力発電所の放射性物質トリチウムを含む処理水について、トリチウムを分離する技術の公募を行っている。NHKが報じた。

日本政府は4月、福島第一原子力発電所から排出されるトリチウムを含む汚染水を、装置で浄化し処理水として海洋に放出する計画を承認した。この処理水にはトリチウムが含まれているが、飲料水と同じ放射能レベルまで希釈したものとなる。海洋への放出は2年後に開始される予定。

一方で東京電力は、2年後の海洋放出に向け準備を進めながら、処理水の中に含まれるトリチウムの分離技術について注視していくと明らかにしている。同社によると、2021年5月時点で、実用化のレベルに達しているトリチウムの分離技術は確認されていない。

募集期間は2021年の9月まで。しかし、10月以降も公募を行う予定だという。

18日には、処理水を海洋に放出した際のモニタリング方法を検討する環境省の専門家会議が初めて開かれた。この会議の場では、海洋へ放出されたトリチウムの測定方法、観測地点などについて議論が行われた。

タグ
福島
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント