02:55 2021年08月06日
日本
短縮 URL
0 21
でフォローする

日本の損害保険会社の間では、人工衛星やドローンの活用が広がっている。これにより、自然災害が発生した被災地などに調査担当者が赴かなくても被害状況を判断できるようになり、迅速な保険金の支払いにつなげることができる。NHKが報じた。

NHKによると、東京海上日動は人工衛星を、三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保はドローンを活用して台風や大雨などの被害状況を把握し、早期の保険金支払いにつなげる取り組みを行っている。

日本では自然災害が多発しており、NHKが日本損害保険協会を引用して報じたところによると、日本の損害保険業界では、風水害が相次いだ2018年度と2019年度は2年連続で保険金の支払い額が1兆円を超えたという。

関連ニュース

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント