14:08 2021年07月24日
日本
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

日本の千葉県八街市で28日にトラックが小学生の列に突っ込んで児童5人が死傷した事故で、逮捕された運転手が酒を飲んでいた可能性があることが分かった。日本のマスコミが報じた。

日本時間28日午後3時半ごろ、千葉県八街市で大型トラックが下校途中の小学生の列に突っ込み、児童5人がはねられる事故が発生した。

報道によると。この事故では、男児2人が死亡したほか、1人が意識不明の重体、2人が重傷を負い、トラック運転手の梅澤洋容疑者(60)が逮捕された。

NHKなどの日本のマスコミは29日、警察を引用し、梅沢容疑者の呼気から基準値を超えるアルコールが検出されており、容疑者もその後の調べに対し「帰る途中に酒を飲んだ」などと供述していることがわかったと報じている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント