02:47 2021年08月06日
日本
短縮 URL
0 05
でフォローする

日本の大手電機メーカーの三菱電機は、鉄道車両向けに自社が製造する空調設備の製品検査において、30年以上にわたり不正が続いていた可能性があることを明らかにした。30日、NHKが報じた。

同社によると、国内の主要鉄道会社に出荷する空調設備を製造する長崎県の工場でことし6月、製品の検査システムの改修を行っていた際、検査記録に不自然な点が見つかった

詳しい調査の結果、顧客の要求に応じて行う安全性や冷暖房の性能に関する検査で、実際は実施していないにもかかわらず架空のデータが記入されていたことが明らかになった。こうした不正は1980年代から続いていた可能性があるという。

同社は「顧客や関係者に多大なるご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げる」と謝罪したうえで、既に出荷した製品については「社内で定めた安全基準は満たしているため、問題はない」としている。

また首都圏の主な鉄道各社によれば、同社から設備の安全性に問題はないとの説明を受けており、各社とも鉄道の運行に影響はないという。

関連記事

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント