12:25 2021年07月25日
日本
短縮 URL
0 30
でフォローする

日本の茨城県日立市で2017年、妻と子ども計6人を殺害し、自宅に放火した罪に問われている小松博文被告(36)について、水戸地方裁判所は30日、死刑判決を言い渡した。日本の各メディアが報じた。

小松被告は2017年10月、茨城県日立市の自宅アパートで妻の恵さん(当時33)と5人の子どもを包丁で刺して殺害し、自宅に放火したとして殺人や放火などの罪に問われている。

これまでの裁判で、小松被告の弁護側は「勾留中に心不全で倒れ記憶を失った」と犯行当時の記憶がないとしたうえで、無罪または減刑が相当だと主張。一方検察側は、小松被告が出頭直後、事件について具体的に供述したことなどから「記憶喪失になったとしても刑罰は左右されない」として死刑を求刑していた

30日の判決で裁判長は、小松被告には犯行当時、完全責任能力があったと認定。また「自らの犯行の違法性、重大性を十分理解し、それに応じた振る舞いをしており、殺意があったことは明白」と指摘した。そのうえで、「死刑を回避すべき事情を見いだすことができない」として、小松被告に対し求刑通り死刑判決を言い渡した

関連記事

タグ
日本の死刑制度, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント