19:56 2021年07月24日
日本
短縮 URL
0 10
でフォローする

日本の気象庁は10日午前6時半から記者会見を開き、鹿児島県、宮崎県、熊本県に大雨特別警報を発表した。5段階の警戒レベルのうち、最も高いレベル5にあたる警報が出されており、最大級の警戒が必要だとしている。NHKが伝えている。

鹿児島県、熊本県、宮崎県の3県に大雨の特別警報を発表したことについて、気象庁は「これまでに経験したことのないような大雨となっている」とし、ふだん災害が起きないと思われているような場所でも最大級の警戒が必要で、崖から離れた場所や浸水しにくい場所などへの避難を呼びかけた

鹿児島県、宮崎県、熊本県の3県には警戒レベル4の避難指示が出ている。NHKのまとめによると、午前8時現在、9万3000世帯余りのおよそ19万9000人を対象に出されている。

特に土砂災害や浸水が想定されている地域では、何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高いとしている。

また、鹿児島県には線状降水帯が確認され非常に激しい雨が同じ場所に降り続いているとして、明け方に続き午前7時半すぎに「顕著な大雨に関する情報」を発表した。

関連ニュース

タグ
災害, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント