12:14 2021年07月25日
日本
短縮 URL
0 11
でフォローする

日本の新潟市佐渡市の小学校で、5年生の男子児童が給食のパンをのどに詰まらせて意識不明の重体となっていた事故で、佐渡市教育委員会は11日、男子児童が11日未明に死亡したと発表した。日本のマスコミが報じた。

報道によると、男子児童は今月7日、給食の米粉パンをのどに詰まらせ、ヘリコプターで新潟市内の病院に運ばれたが、意識不明の重体となっていた。

NST新潟総合テレビが佐渡市教育委員会を引用して報じたところによると、米粉パンは10~12センチほどの大きさで、男子児童は「一口で食べようとパンを口に入れていた」という。

NHKによると、佐渡市教育委員会の新発田靖教育長は「安心安全であるべき学校において痛ましい事故が起きたことを大変重く受け止めております。今後こうした事故の再発防止に努めるとともに学校の児童など関係された人の心のケアをしっかり行っていきたいと思います」と語った。

関連ニュース

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント