20:20 2021年09月21日
日本
短縮 URL
0 10
でフォローする

日本の福岡県糸島市の沖合で28日午前、十数匹のサメの群れが確認され、海水浴客ら約45人が避難する騒ぎとなった。地元警察が注意を呼び掛けている。日本のメディアが報じた。

地元警察によると、サメは海岸から約200メートルほどの沖合に出没。シュモクザメと呼ばれるサメで、体長はいずれも1メートルから1.5メートルほどだという。

これにより海水浴客やサーファーら約45人が一時避難した。

​糸島市によると、付近の海域では今月中旬以降、エイが大量発生しており、シュモクザメは「エサ」を追いかけて海岸付近まで近づいた可能性があるという。

関連記事

タグ
日本, サメ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント