23:48 2021年09月20日
日本
短縮 URL
0 26
でフォローする

日本外務省は11日、水際対策強化に係る新たな措置について発表した。ロシア(アムール州、ヴォルゴグラード州、オリョール州、カバルダ・バルカル共和国、北オセチア共和国)を含む9つの国・地域が「水際対策上特に懸念すべき変異株に対する指定国・地域」に指定された。

水際対策上特に懸念すべき変異株に対する指定国・地域」に指定されたのは、ロシア(アムール州、ヴォルゴグラード州、オリョール州、カバルダ・バルカル共和国、北オセチア共和国)や米国(アラスカ州、サウスカロライナ州、テネシー州、ネブラスカ州)、フランス、イスラエルなど9つの国・地域。

日本外務省によると、これら9つの国・地域に対しては追加の水際強化措置がとられ、これらの国・地域から日本に入国及び帰国する全ての人は、今月14日午前0時からは検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で3日間待機し、入国後3日目に改めて検査を受けることになる。

また、すでに「水際対策上特に懸念すべき変異株に対する指定国・地域」に指定されているロシア(モスクワ市)を含む11の国・地域は、水際強化措置が変更され、そのうちロシア(モスクワ市)、英国、パキスタン、マレーシアについては、これまでは検疫所長の指定する場所で6日間待機し、入国後3日目及び6日目に改めて検査を受けることになっていたが、今月14日午前0時からは検疫所長の指定する場所で3日間待機し、入国後3日目に改めて検査を受けることになるという。

関連ニュース

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント