13:18 2021年09月18日
日本

辺野古に新たな護岸建設へ 防衛省、27日にも着手

日本
短縮 URL
0 28
でフォローする

政府は24日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で新たな護岸建設に着手する方針を固めた。防衛省関係者が明らかにした。予定地域周辺に生息するサンゴ約800群体の移植作業が終了したのを受け、27日にも埋め立て用の岩石を投入して工事を始める。辺野古の移設工事を加速する狙い。

新設するのは、軟弱地盤のある大浦湾側の「N2」と呼ばれる護岸。防衛省沖縄防衛局は埋め立て海域北側と、南東の護岸から土砂の陸揚げをしており、埋め立て予定区域に運び入れる土砂の量を増やすため、N2護岸も活用する。

(c)KYODONEWS

タグ
日本, 沖縄
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント