21:13 2021年09月24日
日本
短縮 URL
0 12
でフォローする

日本の元外相で自民党前政調会長の岸田文雄氏が、26日に東京都内で開かれた派閥会合で、9月29日の自民党総裁選に立候補する意向を正式に表明した。共同通信などが報じた。

また毎日新聞の報道によると、岸田氏は26日に国会内で記者会見を開き、あらためて9月の自民党総裁選に立候補すると表明した。岸田氏は「私は自民党が国民の声を聴き、そして幅広い選択肢を示すことができることができる政党であることを示し、我が国の民主主義を守るために総裁選挙に立候補する」と述べた。

岸田氏は、再選を目指す菅義偉現首相の最大のライバルとなるとみられている。岸田氏は昨年9月の自民党総裁選にも立候補したが、菅氏に敗れている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント