13:44 2021年09月18日
日本
短縮 URL
0 59
でフォローする

日本政府は、クリル諸島のクナシル島(日本での表記は千島列島の国後島)から北海道にやって来たというロシア人男性は、不法入国した外国人であり、上陸を不許可としたことが分かった。北海道新聞が報じている。

この男性の件について在札幌ロシア総領事館は、「総領事館は27日、日本側はロシア人を不法入国と判断したとの正式な通知を受けた」と発表した。

また総領事館は、そのロシア人が「どのようにして日本の領土に入ったのかという点を(今後)調査する」と述べている。

総領事館によると、日本に不法入国した外国人は、原則として強制送還されるという。

同紙によると、男性は来週、在札幌ロシア総領事館に引き渡される。

8月21日、ロシア人男性1人が亡命するため、南クリル諸島クナシル島(日本の表記は国後島)から海を泳ぎ、北海道東部に漂着したことが明らかになった。その後男性は、札幌の入国管理局に移送された。クナシル島から北海道東部の沿岸部までは約20キロある。

関連ニュース

タグ
日本, ロシア, クリル諸島
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント