21:45 2021年09月24日
日本
短縮 URL
0 26
でフォローする

日本の群馬県は29日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン1瓶に異物が混入されていることが確認されたと発表した。

群馬県によると、日本時間29日10時30分過ぎ、太田市の東毛ワクチン接種センターにおいて接種前のモデルナ製ワクチンに異物が入っているのが確認された。

同センターでは、同じロット番号のワクチンを27日から29日までの3日間に合わせて4575人に接種していたという。

群馬県は「接種センターでは、薬剤注液及び接種の際に目視で確認しており、その後の経過観察においても体調不良は確認できていない」としている。

NHKなどの日本のマスコミによると、日本ではモデルナ製のワクチンをめぐっては、一部に異物が混入しているのが相次いで見つかっているが、今回、異物が見つかったワクチンのロット番号は、国が使用の見合わせを公表しているものとは別だという。

関連ニュース

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント