21:06 2021年09月24日
日本
短縮 URL
0 24
でフォローする

7日付けのANNニュースの報道によれば、日本で初めて確認されたアルファ株に似た変異を持つ新たなデルタ株について東京医科歯科大学はいわゆるワクチン接種後に感染する「ブレークスルー感染」が確認されたと発表した。

日本では8月中旬、国内で初めて「L452R」株デルタ変異体が検出されており、各地で感染例が報告されていた。この変異体は東京医科歯科大学によってデルタ株にみられる「L452R」変異に加え、アルファ株に似た「N501S」変異を持っていることがあきらかにされていた。  

ANNニュースによれば、その後の調査でこの新たな変異体の感染患者からワクチンを接種した人への感染が確認された。これについて東京医科歯科大学は、流行しているデルタ株と同等の感染力を持つと考えられるとして、さらなる解析、調査の必要性を指摘している。

同日の日テレNEWS24の報道によれば、7日の時点で東京都が確認したブレイクスルー感染による死者は22人に達している。

関連ニュース

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント