19:50 2021年09月20日
日本
短縮 URL
自民党総裁選2021年 (16)
0 01
でフォローする

日本の菅義偉首相は9日の記者会見で、新型コロナ対策に専念すべきとの思いから自民党総裁選への不出馬を判断したと改めて明らかにした。NHKが報じた。

管首相は記者会見で、全国各地で新規感染者数は減少傾向に向かっているが、重症者数は依然として高い水準で推移していると指摘。管氏は、12日に期限が迫る緊急事態宣言の解除は難しいと覚悟する中、「『やはり新型コロナ対策に専念すべきだ』と思い、(29日に投開票を行う)自民党総裁選挙には出馬しないと判断した。(中略)コロナ対策と公務を行っている中で、総裁選挙に出馬するのは、とてつもないエネルギーが必要だ。そういう全体像を考える中で不出馬の宣言をした」と述べた

これよりも前、日本政府は新型コロナ対策の緊急事態宣言について、19都道府県に出されている期限を12日から30日まで延長することを決めた

総裁選で誰を支持するのかという点について管総理は、まだ告示日(17日)を迎えていないし、候補者も出そろっていないため、告示日を迎えた時点で判断すると述べた。

また、管氏は近く行われる衆議院選挙には出馬する意向を明らかにした。

関連ニュース

トピック
自民党総裁選2021年 (16)
タグ
菅義偉, 日本, 自民党
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント