09:34 2021年10月18日
日本
短縮 URL
0 00
でフォローする

山梨県の甲府地方気象台は22日、今月7日に観測された富士山の「初冠雪」について、平均気温の最高値が20日に更新され、条件に合わなくなったとして取り消した。記録の取り消しは過去20年で行われたことはなく、異例の対応とみられる。日本のメディアが報じた。

同気象台は富士山の初冠雪を毎年目視で確認しているが、山頂の日平均気温が最高となった日を過ぎた後、雪などが観測されることが条件となっている。

今年は8月4日に平均気温9.2度を観測。その後いずれも気温が下回ったため、9.2度を最高値として確定し、9月7日に確認された冠雪を初冠雪として発表した。平年より25日、昨年より21日早い記録だった

しかし20日、平均気温が10.3度となったため、発表した初冠雪を規定上取り消すことになった。2009年以降、初冠雪記録の取り消しはなかった。

今後、雪などが確認された日が初冠雪になるという。

同気象台は「今年は山頂の気温の変動が激しいため、最高値を確定する判断が難しい」とコメントしている

関連記事

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント