21:03 2021年10月16日
日本
短縮 URL
0 01
でフォローする

24日、日本の自民党総裁選挙で4人の候補者によるオンライン政策討論会の2日めが実施された。NHKが報じた。候補者らは感染対策のため街頭演説会に代え、4日間の日程で国民からの質問にオンラインで答えている。

NHKの報道によれば、河野規制改革担当大臣は対中関係をどうマ ネージするか、価値観をともにできる諸国との連携、 アジア諸国との同盟関係の行方に重点を置く考えを表した。

岸田前政務調査会長も同じく、 どういった対中関係を構築するかを重視し、 対米関係を基軸にしつつ、中国とも対話を維持し、 関係の安定化を図るバランス外交の重要性を指摘した。

​高市前総務大臣は対中関係には触れず、 基軸の日米同盟の他に豪州、インド、 東南アジア諸国や英仏などと緊密な関係の維持を指摘し、「 経済安全保障や国防の分野で十分に協調していける国」 と評価した。

野田幹事長代行は、 基軸である日米同盟が日本の防衛を完全に網羅する状況ではなくな りつつあることを指摘し、インド太平洋戦略で、 中国やロシアを始めとする諸国と「 友好国をつくり上げながら平和と安全を守っていきたい」 と述べている。

関連ニュース

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント