09:35 2021年10月18日
日本
短縮 URL
0 02
でフォローする

自民党の岸田新総裁は、10月1日の決定に向け、党四役の人選を進めている。また、新内閣の官房長官に元文部科学大臣の松野博一氏を起用する方針を固めたとされる。NHKが報じた。

報道によれば、自民党の四役には、幹事長に甘利・税制調査会長、総務会長に福田達夫・衆議院議員、政務調査会長に高市・前総務大臣らを起用することで調整がされている。総裁選挙で争った河野・規制改革担当大臣は広報本部長に起用される方向。また、岸田新総裁は閣僚の人事も進めており、官房長官に松野博一元文部科学大臣を起用する意向を固めたとされる。

30日夜、岸田新総裁は記者団に対し、1日に党役員人事を行う意向を明らかにしている。

新首相指名選挙は、10月4日に国会で行われる。

関連ニュース

タグ
自民党, 岸田文雄, 河野太郎
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント