02:53 2018年09月23日

日本

  • 端島 軍艦島 Hashima
    アップデート: 2017年12月27日 09:35
    2017年12月27日 09:35

    軍艦島、強制労働否定証言を公開 徴用工巡り保全団体

    世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」を保全する一般財団法人「産業遺産国民会議」(東京都)は26日までに、遺産の一つに指定された長崎市の端島(通称・軍艦島)炭鉱を巡り、戦時徴用された朝鮮半島出身者への強制労働はなかったとする元島民の証言をホームページ(HP)で公開した。

  • 安倍首相
    アップデート: 2017年12月27日 07:30
    2017年12月27日 07:30

    日中韓首脳会談、来春開催目指す 政府調整、15年以来

    安倍政権幹部は26日、日本が議長国を務める日中韓首脳会談の開催時期に関し、来春を目指して調整を進めていることを明らかにした。実現すれば、2015年11月にソウルで開催されて以来。中国の李克強首相と韓国の文在寅大統領は初来日となる。

  • ソフトバンク
    アップデート: 2017年12月27日 02:00
    2017年12月27日 02:00

    ソフトバンク ブロックチェーン技術を基に借入履歴管理システムを開発

    日本のソフトバンク・テクノロジーとシビラが、ブロックチェーン技術を基に個人情報管理システムを開発した。銀行は同システムを使って債務者の借入履歴へアクセスできるという。Nikkei Asian Reviewが伝えた。

  • 河野外相
    アップデート: 2017年12月27日 01:26
    2017年12月27日 01:26

    河野外相、パレスチナに45億円の支援発表

    中東訪問中の河野太郎外相は26日、パレスチナ自治区の「エリコ農産加工団地」(JAIP)を訪れ、新たに4000万ドル(約45億円)を支援すると明らかにした。産経新聞が報じた。

  • Пожилая японка
    アップデート: 2017年12月26日 21:48
    2017年12月26日 21:48

    2017年平均寿命 日本は首位ならず

    世界経済フォーラム(WEF)が26日に発表した世界平均寿命ランキング(平均70.9歳)で、日本は首位を逃した。最長寿国とされてきた日本を抜いたのはどの国なのだろうか?

    2017年の話題を総括
  • 顕微鏡
    アップデート: 2017年12月26日 20:04
    2017年12月26日 20:04

    モスクワの腫瘍学研究所が日本との提携開始へ

    モスクワのゲルツェン記念腫瘍学研究所が日本人との協力を発展させていく。アンドレイ・カプリン所長が記者団に語った。

  • 河野外相
    アップデート: 2017年12月26日 09:54
    2017年12月26日 09:54

    河野氏、エルサレムは対話解決を イスラエル首相と会談

    【エルサレム、ラマラ共同】河野太郎外相はエルサレムで25日午後(日本時間26日未明)、イスラエルのネタニヤフ首相と会談し、トランプ米大統領の首都認定で揺れるエルサレムの地位に関し「当事者間の交渉で解決すべきだ」と伝えた。この後パレスチナ自治区ラマラを訪問。アッバス自治政府議長と会い、対話解決の在り方について「(仲介役としての)米国の関与が重要だ」と表明した。

  • 日中首脳往来働き掛け 自公幹事長、中国要人に
    アップデート: 2017年12月26日 06:33
    2017年12月26日 06:33

    日中首脳往来働き掛け 自公幹事長、中国要人に

    【武夷山共同】中国を訪問中の自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は25日夜、福建省・武夷山のホテルで中国共産党の宋濤中央対外連絡部長と夕食会を開いた。来年の日中平和友好条約締結40周年をにらみ、安倍晋三首相と習近平国家主席との相互往来の実現に向け、地ならしをしたい考えだ。

  • 日産
    アップデート: 2017年12月25日 23:22
    2017年12月25日 23:22

    日産 ロシアで約12万8000台をリコール

    日産は、エアバッグが誤作動する恐れがあるため、ロシアでノート(NOTE )とティーダ(TIIDA )およそ12万8000台をリコールした。ロシア連邦技術規則・計量庁のサイトで発表された。

  • 日本政府 ユネスコへの今年度分担金の拠出を決定
    アップデート: 2017年12月25日 18:50
    2017年12月25日 18:50

    日本政府 ユネスコへの今年度分担金の拠出を決定

    日本政府はユネスコ(国連教育科学文化機関)への分担金約40億円の拠出を決めた。これまでは同機関の事業が政治利用されていることを問題として拠出を保留してきたが、「改善への取り組みが認められる」として、年内に拠出の手続きを行う予定。NHKが報じた。

  • 安倍氏(アーカイブ)
    アップデート: 2017年12月25日 17:11
    2017年12月25日 17:11

    安倍首相 南クリルの合同開発 一刻も早く開始

    安倍首相は25日の鈴木宗男氏との会談で、南クリル諸島におけるロシアとの共同経済活動を一刻も早く開始することへの支持を示した。リアノーボスチ通信が報じた。

  • アップデート: 2017年12月25日 13:42
    2017年12月25日 13:42

    米軍返還地、地権者に引き渡し 防衛相ら式典出席

    小野寺五典防衛相は25日午前、沖縄県国頭村を訪れ、米国が昨年12月に部分返還した米軍北部訓練場(東村、国頭村)の土地約4千ヘクタールの地権者への引き渡し式に出席した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設が争点となる来年2月の同市長選を前に、負担軽減に取り組む姿勢をアピールする狙い。

  • 日本と中国の旗
    アップデート: 2017年12月25日 09:59
    2017年12月25日 09:59

    日中与党協議会が開会 一帯一路でも意見交わす見通し

    【アモイ共同】自民、公明両党と中国共産党による定期対話「日中与党交流協議会」が25日午前、中国福建省アモイで開会した。政党間交流を通じ、両国関係の進展を後押しする狙い。自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長と、中国共産党の宋濤中央対外連絡部長がそれぞれ講演する。

  • 天皇即位、祝休日1回限り 19年5月1日、特別法検討
    アップデート: 2017年12月25日 06:33
    2017年12月25日 06:33

    天皇即位、祝休日1回限り 19年5月1日、特別法検討

    政府は、天皇陛下の退位後に皇太子さまが新天皇に即位する2019年5月1日の祝日、休日化に関し、その年1回限りの措置とする特別法を制定する検討に入った。政府筋が24日、明らかにした。来年に法案を国会提出し成立させたい考えだ。天皇陛下の「即位の礼」が行われた1990年11月12日を特別法で1回限りの祝日扱いとした例を参考にする。

  • 2020年東京五輪
    アップデート: 2017年12月24日 21:47
    2017年12月24日 21:47

    2020年東京五輪 顔認証システムを初導入

    2020年東京五輪・パラリンピックで、安全確保のために選手や大会関係者が会場に入る際に顔認証システムが導入されることがわかった。日本のマスコミが報じた。

  • 日本で北朝鮮を巡るニュース
    アップデート: 2017年12月23日 19:12
    2017年12月23日 19:12

    北朝鮮ミサイル問題に83%の日本人が関心 外交に関する世論調査が公表

    日本の内閣府が行う「外交に関する世論調査」が発表され、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)についての関心事項で「ミサイル問題」が83%に上った。この数値は過去最高。ロイター通信が報じた。

  • 天皇陛下(2016年)
    アップデート: 2017年12月23日 17:57
    2017年12月23日 17:57

    天皇誕生日に史上最多の参賀者【写真・動画】

    天皇誕生日の23日、皇居前広場での一般参賀には4万5千人を超える市民が集まり、明仁、今上天皇の挨拶に耳を傾けた。NHKが宮内庁の発表を引用して報じている。

  • 安倍首相
    アップデート: 2017年12月23日 16:50
    2017年12月23日 16:50

    制裁は北朝鮮の政策を変えようとの「国際社会の意思を示すもの」=安倍首相

    国連安全保障理事会で新たな対北朝鮮制裁決議が採択されたことを受け、安倍首相は、制裁強化が北朝鮮の政策を変えさせなければならないとの国際社会の意思を示すものだと評価した。日本の首相官邸サイトに安倍首相のコメントが掲載された。

  • 中国船4隻、2日連続尖閣周辺に航行
    アップデート: 2017年12月23日 12:30
    2017年12月23日 12:30

    中国船4隻、2日連続尖閣周辺に航行

    海上保安庁の巡視船は、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で23日、中国海警局の船4隻が航行しているのを確認した。共同通信が伝えた。

  • ロシアの夜明け
    アップデート: 2017年12月23日 08:09
    2017年12月23日 08:09

    年越し写真展「ロシアの夜明け」開催間近:日露をつなぐモスクワ写真部

    筆者 徳山 あすか

    日露交流年の幕開けにふさわしいイベントがまもなくスタートする。日本とロシアを舞台に活躍する写真家、中村正樹氏の個展「ロシアの夜明け」が12月29日から1月3日まで神奈川県藤沢市の「Gallery-T」で開催されるのだ。中村氏は昨年まで6年間モスクワに滞在し、広大なロシアのあらゆる場所で撮影を行なってきた。