16:34 2020年04月02日
日本
  • ごみ
    アップデート: 2020年01月13日 17:45
    2020年01月13日 17:45

    日本 今年度の災害廃棄物処理費620億円超の見込み 相次ぐ災害で

    日本の2019年度(令和元年度)の災害廃棄物の処理にかかる費用は国の補助金だけで620億円を超える見込みとなった。台風19号など各地で災害が相次いだことから、東日本大震災を除き、この10年で2番目に多い数字となる。NHKニュースが伝えている。

  • アップデート: 2020年01月13日 16:12
    2020年01月13日 16:12

    フリージャーナリスト安田純平さん国を提訴 「パスポート発給拒否は違憲」

    シリアで武装組織に拘束され一昨年解放されたフリージャーナリストの安田純平さんが、外務省がパスポートを発給しないと通知したことを受け、国にパスポート発給などを求める訴えを起こした。NHKニュースが伝えている。

  • アップデート: 2020年01月13日 14:59
    2020年01月13日 14:59

    日産幹部 ルノーとの提携解消に向け計画急ぐ

    日産自動車幹部は、日産元会長カルロス・ゴーン氏の問題が長引くことによる「ルノー日産三菱」連合への影響を考慮し、三社提携を解消する極秘計画の作成を急いでいる。フィナンシャルタイムズ紙が伝えている。

  • 尖閣沖の接続水域で中国海警局船が航行
    アップデート: 2020年01月13日 10:33
    2020年01月13日 10:33

    尖閣沖の接続水域で中国海警局船が航行

    13日、日本が実効支配し、中国が領有権を主張している東シナ海の尖閣諸島(中国名・釣魚島)の沖合で中国海警局の船1隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行している。NHKが伝えた。

  • アップデート: 2020年01月13日 09:18
    2020年01月13日 09:18

    自民の二階氏、越首相と会談 日本での就労拡大へ協力を確認

    【ホイアン共同】ベトナムを訪問中の自民党の二階俊博幹事長は12日午後、中部ホイアン近郊でグエン・スアン・フック首相と会談した。ベトナム人労働者の日本での就労拡大に向けた協力を確認。二階氏は、技能実習制度の問題点として指摘されている悪質なブローカーを「徹底的に排除する」と強調した。

  • アップデート: 2020年01月13日 09:00
    2020年01月13日 09:00

    中東の緊張緩和へ連携で一致 首相、サウジ国王らと会談

    【リヤド共同】安倍晋三首相は12日(日本時間同)、サウジアラビアの首都リヤドでサルマン国王ら同国要人と相次ぎ会談し、中東3カ国歴訪の日程を実質スタートさせた。米国とイランの対立の中、ファイサル外相との会談で地域安定化に向けた緊密連携で一致。「中東情勢が緊迫の度を高めていることを深く憂慮している」と表明するとともに、日本政府として地域の緊張緩和へ粘り強い外交努力を続けると強調した。サルマン国王には、サウジが地域安定化に不可欠だとの認識を伝えた。

  • アップデート: 2020年01月13日 07:40
    2020年01月13日 07:40

    北海道泊村長に元村課長が初当選 原発再稼働「反対ではない」

    任期満了に伴う北海道泊村長選は12日投開票され、無所属の元村建設水道課長高橋鉄徳氏(49)が無所属の元村議三浦光博氏(68)を破り、初当選を果たした。高橋氏は北海道電力泊原発の再稼働は安全性確認を前提に「反対の立場ではない」としている。

  • 前澤友作氏(アーカイブ写真)
    アップデート: 2020年01月13日 03:00
    2020年01月13日 03:00

    前澤友作氏「人生のパートナー求む」 一緒に月旅行に行ける人

    日本の実業家、前澤友作氏は「一緒に月旅行をし、生涯の伴侶になってくれる女性」を募集している。

  • アップデート: 2020年01月13日 00:06
    2020年01月13日 00:06

    四国愛媛県 伊方原発 制御棒1体を誤って引き抜く

    愛媛県伊方町にある原子力発電所3号機で1月12日、核分裂反応を抑える「制御棒」1体を誤って引き抜くミスがあった。同機は定期検査中だった。四国電力が原因解明に当たっている。NHKニュースが伝えた。

  • アップデート: 2020年01月12日 13:37
    2020年01月12日 13:37

    性風俗で働かざるをえない日本のシングルマザー シンポジウムで問題提起

    1人で子育てをするために性風俗産業で働かざるをえない状況など、日本のシングルマザーを取り巻く性の問題について議論するシンポジウムが新潟市で開かれた。NHKが報じた。

  • アップデート: 2020年01月12日 12:18
    2020年01月12日 12:18

    首相、サウジアラビアに到着 12日に首脳と会談

    安倍晋三首相は11日午後(日本時間同日夜)、中東3カ国歴訪の最初の訪問国サウジアラビアに到着した。12日にサルマン国王、ムハンマド皇太子とそれぞれ会談し、米イラン対立で緊張状態が続く中東地域の安定化に向け連携を呼び掛ける。

  • アップデート: 2020年01月12日 06:11
    2020年01月12日 06:11

    海自艦、2月の中東出航へ準備緊迫情勢下の長期派遣

    政府は中東海域への海上自衛隊P3C哨戒機の出発を受け、2月2日の護衛艦「たかなみ」の出航に向けて準備を急ぐ。2月下旬には哨戒機と護衛艦双方(約260人規模)による長期の情報収集態勢を整える考えだ。米国とイランによる対立がなお続き、現地の緊迫した情勢は変わっていない。河野太郎防衛相は「(中東派遣では)万全な態勢ができている」と強調するが、偶発的衝突に巻き込まれるリスクをはらんでいる。

  • アップデート: 2020年01月12日 05:09
    2020年01月12日 05:09

    首相、12日にサウジ首脳と会談中東訪問、情勢安定化へ連携

    安倍晋三首相は11日午後(日本時間同日夜)、中東3カ国歴訪の最初の訪問国サウジアラビアに到着する。12日にサルマン国王、ムハンマド皇太子とそれぞれ会談し、米イラン対立で緊張状態が続く中東地域の安定化に向け連携を呼び掛ける。

  • アップデート: 2020年01月11日 12:38
    2020年01月11日 12:38

    首相「緊張緩和へ平和外交展開」 中東3カ国歴訪へ出発

    安倍晋三首相は11日午前、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの中東3カ国を訪問するため、政府専用機で羽田空港を出発した。首相は米イラン対立で緊迫する中東情勢に関し「地域の緊張緩和、情勢安定化のために日本ならではの平和外交を粘り強く展開する」と述べた。羽田空港で記者団の質問に答えた。

  • アップデート: 2020年01月11日 11:34
    2020年01月11日 11:34

    海自哨戒機、中東へ出発 第1陣、20日から活動

    海上自衛隊は11日、中東海域に派遣するP3C哨戒機2機の出発式を那覇航空基地(那覇市)で開いた。河野太郎防衛相による10日の派遣命令を受けた第1陣。河野氏の訓示後に出発し、20日から情報収集活動を始める。期間は約1年で、延長も可能。防衛省設置法の「調査・研究」に基づく初の海外への長期派遣となる。哨戒機と連携する護衛艦「たかなみ」は2月2日に出航し、下旬に活動を開始する。

  • アップデート: 2020年01月11日 10:59
    2020年01月11日 10:59

    外相、ASEAN太平洋構想支持 事務局で演説、中国けん制

    【ジャカルタ共同】茂木敏充外相は10日、インドネシアの東南アジア諸国連合(ASEAN)事務局で演説し、ASEANが地域の経済や安全保障面で主導役を目指すとした独自の「インド太平洋構想」への全面的な支持を表明した。「日本が描くビジョンと共通している」と指摘。繁栄には法の支配や航行の自由の確保が欠かせないとして、連携強化を訴えた。

  • アップデート: 2020年01月11日 07:43
    2020年01月11日 07:43

    安倍首相、11日に中東へ出発 米イラン緊張緩和へ連携

    安倍晋三首相は、11日からサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの中東3カ国を訪問する。米イラン対立で中東情勢が緊迫する中、イランの周辺国を歴訪し、緊張緩和に向けた連携を呼び掛ける。海上自衛隊の中東派遣や、日本船舶の安全航行への協力も求める。15日に帰国する。

  • 札幌
    アップデート: 2020年01月10日 23:40
    2020年01月10日 23:40

    札幌市 2030年冬季五輪の開催に意欲

    札幌市は当地での冬季五輪・パラリンピックの開催に意欲を示した。同市の他、大会開催には米国のソルト・レーク・シティとスペインのバルセロナも名乗りをあげる予定。国際オリンピック委員会の第135回目の大会について、冬季大会の開催地選定委員会のオクタヴィアン・モラリウ委員長が明らかにした。

  • リャプコフ外務次官(アーカイブ写真)
    アップデート: 2020年01月10日 22:30
    2020年01月10日 22:30

    イージス・アショア配備問題 露日間に理解築けず リャブコフ外務次官

    ロシア外務省のセルゲイ・リャブコフ外務次官は10日、東京の戦略対話の定期ラウンド終了後、記者会見にのぞみ、米国のイージス・アショアの日本への配備問題でロシアと日本は互いの立場を近づけることができなかったと語った。

  • アップデート: 2020年01月10日 18:24
    2020年01月10日 18:24

    第二次世界大戦の旧ソ連領内日本人抑留者 新たに死亡者19人を特定

    日本の厚生労働省は10日(金)、第二次世界大戦後に旧ソ連で拘束され、シベリア地域で死亡した日本人19人の身元を新たに特定し、漢字氏名や出身地をHPで公表した。共同通信が伝えている。