2010.08. 9 , 13:52

ロスナノ、プラスチック株購入で交渉か 英紙

ロスナノ、プラスチック株購入で交渉か 英紙

 英フィナンシャル・タイムズは9日付で、同プラスチック・ロジック社がロシア国営のロスナノとの間で株式の売却交渉に入っていると報じた。ロスビジネスコンサルティング紙が引用して報じた。

 プラスチック・ロジック社はケンブリッジ大学の研究所がバンク・オブ・アメリカ、BASF、インテル、シーメンスなどのベンチャー資本を受けて立ち上げた半導体製造企業。LCDとよばれる変形可能なディスプレイや電子リーダーなどの開発で知られる。

 報道によると、交渉はプラスチック株の過半を売却する方向で進んでいる。ロスナノ側はロシアへの技術移転を条件としている模様。一部のアナリストは銀行投資家が撤退・売却を決めたことがロシア企業との交渉を促したとみている。

  •  
    シェアする