2010.11.16 , 13:50

米:ロシアとの「リセット」は継続、懸案事項は審議

米:ロシアとの「リセット」は継続、懸案事項は審議

 米国務長官は、米国務省で開かれたリトアニア外相との共同記者会見で、米国はロシアとの協力深化を継続するが、グルジア問題や人権問題、エネルギー安全保障問題といった懸案事項の審議を見送ることはないとの声明を表した。

 国務長官は、現在批准手続きが進む新核軍縮条約の合意をはじめとした一連の前向きな行動に言及、「北大西洋条約機構(NATO)との協力強化がみられる。また、ロシア・NATO理事会の作業が再開されたことも、よい兆候だとみなしている」と述べた。

 このほか「米国、NATO、ヨーロッパとロシアの関係は堅固な土台の上に成り立っており、全ての国の利益に合致している」との見方を示した。

  •  
    シェアする